「生涯ひとり身」でいる5つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る



最近、独り身の男女が増えてきています。

古い人はすぐに
「早く結婚しないと!」だの
「良い人を紹介しようか?」だのと要らぬお節介。

けれど、結婚ってほんとうに必要なのでしょうか?

「生涯ひとり暮らし」のメリットとデメリットを見直してみましょう。

 

1.5つのメリット

・メリット1:お金の用途が自由
・メリット2:養育費が不要
・メリット3:遊びが自由
・メリット4:食事が自由
・メリット5:暮らしがコンパクトで身軽

メリット1:お金の用途が自由

/



なんと言っても一番はこれ!
口やかましい人がいないので、好きにお金を使う事ができます。

家のこと。車のこと。子どものこと。
どこにお金を使うのか、パートナーと意見が食い違うのはよくある話。

相手が譲れぬ一線をもっている場合、こちらが譲歩する必要があります。
すると、どうしても理想の暮らしはできません。

「家族で乗れるクルマじゃないといけない」
と言われて、スポーツカーを諦める。

「子ども部屋やウォークインクローゼット、収納も欲しい」
と言われて、理想の家を諦める。

そんなことにならずに済むというのは、大きなメリットです。

メリット2:養育費が不要



また、子どもが居ないというのも大きいです。
ベネッセさんによれば、出産から22年間で、次の費用が掛ります。

出産・育児 91万円
食費    671万円
医療費   141万円
保険医療  193万円
こづかい  451万円
指摘所有物 93万円
================
 (計) 1,640万円

もし学習塾に通わせたりしたら、更に費用が嵩みます。
例えば、中学・高校の6年間、毎月2万~6万円の月謝を払うとするなら、120~360万の追加となります。
すると、養育費は1,760~2,000万円でしょうか。

ちょっとした家が一軒建ちますね。
スポーツカーキャンピングカーだって買えちゃいます。
資産運用したり、駐車場を経営するのも良いかもしれません。

子どもを持つことの苦労は、費用だけではありません。
保護者さんとの付き合い。部活動や習い事をはじめた場合の費用と送り迎え。考えればキリがありません。
経済的にも時間的にも、子どもを育てるというのは労力がいることなのです。

この時間とお金を100%自分の為に使えるというのは、ステキなことではないでしょうか。

メリット3:遊びが自由



どんな遊びをしようが、咎める人はいません。

毎週末にキャンプに出かけてもOK。
ゴフルクラブや釣り具を好きなだけ買ってもOK。
金食い虫のマリンスポーツだって好きなだけOK。
毎晩、呑み屋を渡り歩いてもOK。

一日の予定を100%で自分でコントロールできるのです。

メリット4:食事が自由



「今日はラーメンが食べたい気分だな」
と思ったら、自分の好きなラーメン屋に寄ることができます。

また、同僚に突然、
「じゃあ、今日の帰りに呑みに行きましょうか」
と言われても大丈夫。
いつでも外食に行くことができます。

メリット5:暮らしがコンパクトで身軽



独り身なので、荷物が少ないです。
なので、転居が気軽にできます。
職場の近くに引っ越したり、気に行った物件を転々としたり。

2.3つのデメリットと解決策

デメリット1:寂しい



家では独りになります。
夜の食事も、寝るときも独りです。

それがイヤなら、次の対策法が考えられます。

・頻繁に遊びに出かける

人が居ないなら、人が居るところに行けば良いのです。
友達と一緒に遊びましょう。

・家を友達のたまり場にする



独り身なので、気兼ねなく人を呼ぶことができます。
家をB&Bにするのもアリかもしれません。

・ペットを飼う



家族が欲しいなら増やしましょう。
安心してください。動物は厄介ことは言いません。
特に犬なら、注いだ分以上の愛情を返してくれることでしょう。

デメリット2:病気のとき心細い



病気になっても、ひとりで何とかするしかありません。

これに関しては、これといった解決策はありません。
とはいうものの、風邪くらいなら自分でなんとでもできますし、重篤な病気ならそもそも入院するので、不都合はありません。
何かあれば救急車を呼べば良いだけですし。

デメリット3:老後が不安



老後に面倒をみてくれる近親者がいません。
誰かの面倒にならないよう、自分で健康を維持するか、不自由なく暮らす為の貯えをつくっておく必要があります。

けれども、メリットもあります
老後、自分の意思に反して介護施設に入居させられる?のはイヤですよね。
けれども、独り身ならそんな心配はいりません
自分だけが、自分の処遇を決めることができるのです。

3.まとめ



・とにかく自由!
お金を時間を100%自分の為だけに使うことができます。
のみならず、自由に転居してみたり、老後を自分の意思で決めたりと、人生設計を自由に描くことができます。

・使えるお金が多い!
養育費やパートナーの要望を容れる必要がなく、自由に使える額が段違いです。

・寂しがり屋には不向き。
基本的に、家では独りです。
逆に「職場での会話だけでOK」「友達と遊んだり、呑みに行ったりするので十分」という人には向いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*